野木スポーツ吹矢教室


8月28日(月)
 
午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習。 

8月26日(土)
 
10:00〜11:30丸林西会館で第5回スポーツ吹矢講習会第4日目、最終日。
9:00〜10:30丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習


6人目の35点満点者です!

 8月21日(月)
 午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習 


5人目の35点満点者です。2度目です!

8月19日(土)
 
10:00〜11:30丸林西会館で第5回スポーツ吹矢講習会第3日目。
9:00〜10:30丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習。

8月14日(月)
 
午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習

8月12日(土)
 
10:00〜11:30丸林西会館で第5回スポーツ吹矢講習会第2日目。
9:00〜10:30丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習

8月7日(月)
 
午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習。

8月5日(月)
 
10:00〜11:30丸林西会館で第5回スポーツ吹矢講習会第1日目。
9:00〜10:30丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習。

7月31日(月)
 
午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習。

7月24日(月)
 
午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習。


7月17日(月)
 
午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習。

7月10日(月)
 
午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習。

7月3日(月)
 午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習。
当教室が開設されて今月で満2年になることと、定期練習が100回に達したことを記念して、「第一回創立記念大会」を開催。
大いに盛り上がった。写真は優勝トロフイーを手にしたSさん。


平成29年6月26日(月)
 午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習

平成29年6月19日(月)
 午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習。今回で定期練習が100回になりました。
先日の栃木県スポーツ吹矢協会の総会で当支部が会員増に貢献したとのことで表彰されましたので、せっかくですので記念写真を撮りました。



平成29年6月12日(月)
 午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算99回目

平成29年6月5日(月)
 午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算98回目)

平成29年5月29日(月)
 午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算97回目)

平成29年5月22日(月)
 午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算96回目)

平成29年5月15日(月)
 午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算95回目)
新しい的・的台をバックに、会員の皆さんと記念撮影。


新しい的・的台


会員の皆さん


平成29年5月8日(月)
 午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算94回目)

平成29年5月1日(月)
 午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算93回目)

平成29年4月24日(月)
 午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算92回目

平成29年4月17日(月)
 午前は丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算91回目)

平成29年4月10日(月)
 9:30から丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の第2回定期総会。
引き続き、丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算90回目)
そのあと、菊寿司で新入会員の歓迎昼食会。

平成29年4月3日(月)
 9:30から丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算89回目)
その後会計監査。

平成29年3月27日(月)
 
9:30から丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算88回目)

平成29年3月20日(月)
 9:30から丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算87回目)

平成29年3月13日(月)
 9:30から丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算86回目)

平成29年3月6日(月)
 9:30から丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算85回目)

平成29年2月27日(月)
 9:30から丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算84回目)


平成29年2月20日(月)
 
9:30から丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算83回目)

平成29年2月13日(月)
 
9:30から丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算82回目)

平成29年2月6日(月)
 
9:30から丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算81回目)

平成29年2月4日(土)
 
第4回スポーツ吹矢講習会:第4日目、最終日。7人の方が修了しました。


 

平成29年1月30日(月)
 
9:30から丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算80回目)


4人目の35点満点者です。お見事!

平成29年1月23日(月)
 
9:30から丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算79回目)

平成29年1月21日(土)
 第4回スポーツ吹矢講習会:第3日目

平成29年1月16日(月)
 
9:30から丸林西会館で日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部の定期練習(通算78回目)
 第一回支部総会

平成29年1月15日(土)
 本日付で野木スポーツ吹矢クラブは、日本スポーツ吹矢協会野木ひまわり支部として新たに発足しました。

平成29年1月14日(土)
 第4回スポーツ吹矢講習会:第2日目

平成29年1月9日(月)
 今年初めての野木スポーツ吹矢クラブ定期練習日。通算77回目。

平成29年1月7日(土)
 第4回スポーツ吹矢講習会:第1日目


平成29年1月1日(日)


12月26日(月)
 9:30から丸林西会館で第76回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。今年最後の定期練習

12月19日(月)
 9:30から丸林西会館で第75回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

12月12日(月)
 9:30から丸林西会館で第74回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。
昼、菊ずしで野木スポーツ吹矢クラブ忘年会。

12月5日(月)
 9:30から丸林西会館で第73回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

 
12月1日(木)
 12月1日発行のぎ広報12月号に第4回スポーツ吹矢講習会募集の記事掲載。


11月28日(月)
  9:30から丸林西会館で第72回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

11月23日(月)
 9:30から丸林西会館で第71回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

11月14日(月)
 9:30から丸林西会館で第70回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

11月7日(月)
 9:30から丸林西会館で第69回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

10月31日(月)
 9:30から丸林西会館で第68回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

10月27日(水)
 日本スポーツ吹矢本部でクラブ会員4名の会員登録をする。

10月24日(月)
 9:30から丸林西会館で第67回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

10月17日(月)
 9:30から丸林西会館で第66回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

10月10日(月)
 9:30から丸林西会館で第65回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

10月10日(月)
 
9:30から丸林西会館で第64回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

10月3日(月)
 
9:30から丸林西会館で第63回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

月26日(月)
 
9:30から丸林西会館で第62回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

9月19日(月)
 
9:30から丸林西会館で第61回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。
今回から練習時間を15分延長して、9:30−10:45に。。

9月12日(月)
 2:00から丸林西会館で第60回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

9月5日(月)
 9:30から丸林西会館で第59回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。
ポスターの写真を更新しました。
9月の練習日のお知らせ。12日(月)は午後2時からとなります。

スポーツ吹矢
始めませんか!?!


 



 野木スポーツ吹矢クラブでは、毎週月曜日
10時から11時まで、丸林西会館会議室で「スポーツ吹矢」の練習をしています。スポーツ吹矢にご興味ある方は、09086893129(鶴見)までお電話ください。

 

別パターン

 

’16.8.29日(月)
 9:30から丸林西会館で第58回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

’16.8.22日(月)
 9:30から丸林西会館で第57回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。
午後、台風9号最接近し、風雨強かったが熱心な愛好家6人が出席。。


本日の35点満点者。吹矢を初めてから5か月目、お見事!

’16..8.15日(月)
 9:30から丸林西会館で第56回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

’16..8.8日(月)
 9:30から丸林西会館で第55回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。
今年前半(1月から7月)の出席率の良かった2名に「精励賞」。

’16..8.4(木)
 日本スポーツ吹矢協会本部でクラブ会員4名の協会入会手続き。

’16..8.1(月)
  9:30から丸林西会館で第54回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

’16.7.25(月)
 9:30から丸林西会館で第53回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

’16.7.23(土)
 午後、新規加入者用の筒立て2個作成。累計4個。リーズナブルに、しかも見栄えも!


’16.7.22(金)
ダンボールで6個の的を作成。軽量でコンパクトになり持ち運びも便利に!


’16.7.19(火)
 第52回定期練習は、18日(月)は参議院議員選挙関連で会場が使用できないため19日(火)9:30〜に日時をずらして開催。場所は丸林西会館。見学者1名。

’16.7.11(月)
9:30から丸林西会館で第51回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。
 
’16.7.4(月)
 9:30から丸林西会館で第50回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。
午後、スポーツ吹矢の見学会体験会の紹介のため地元中学校へ。

’16.6.27(月)
 9:30から丸林西会館で第49回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

’16.6.20(月)
 9:30から丸林西会館で第48回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

’16.6.13(月)
 9:30から丸林西会館で第47回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

’16.6.6(月)
 9:30から丸林西会館で第46回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。座禅2回目。

’16.5.31(火)
 9:30から丸林西会館で第45回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。集中力を高めるために座禅を取り入れる。

’16.5.31(火)
 9:30から丸林西会館で第44回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。

’16.5.23(月)
 9:30から丸林西会館で第43回野木スポーツ吹矢クラブ定期練習。
11:30から菊寿司で野木スポーツ吹矢クラブ会員の第2回昼食会。

’16.5.16(月)
 野木スポーツ吹矢クラブ第42回定期練習日。
本日の35点満点者。しかも2名も!


 

’16.5.9(月)
 野木スポーツ吹矢クラブ第41回定期練習日。

’16.5.2(月)
 野木スポーツ吹矢クラブ第40回定期練習日。

’16.4.25(月)
9:00から5野木スポーツ吹矢クラブ第39回定期練習日
10:00から第3回スポーツ吹矢講習会4日目(最終回)。最初諸々の伝達事項、次にストレッチによる準備体操、そして、スポーツスポーツ吹矢実技。最終回なので修了証書授与と記念撮影。最後に全員で会場の清掃。
 [あっ」という間に講習会も最終回になってしまいました。
今回は、溌剌とした女性陣と、途中で息切れしてしまった男性陣にはっきり分かれてしまいました。
そんなわけで、今後スポーツ吹矢を継続されるのは4人の女性陣ということになりました。
今回初めて修了証書を発行しましたが好評のようでしたので、すでに修了されている方にも発行したいと思います。
また、記念写真も初めてでしたが良い記念になると思いますので、後日お渡ししたいと思います。

 

溌剌とした4人の受講生による記念の一枚                                   

’16.4.18(月)
 9:00から10:15、野木スポーツ吹矢クラブ第38回定期練習日
10:00から11:45、第3回スポーツ吹矢講習会第3日目:最初の座学はインナーマッスルを鍛える。次にストレッチによる準備体操、そして、スポーツスポーツ吹矢実技、最後に全員で会場の清掃。
 スポーツ吹矢によって得られるもの!

「楽しくなければ吹矢じゃない」とは、青柳初代スポーツ吹矢協会会長の言葉です。一般的には、スポーツ吹矢によって得られるものとしては、主に次の3つです。@  スポーツとしての楽しさ。A  腹式呼吸による健康効果。B  同好の仲間ができる(良い友人は人生の宝物)しかし、実感としては次の順番のようです。@  一番大切なのは、同好の仲間ができること(良い友人は人生を豊かにしてくれます)A  二番目に大切なのは、腹式呼吸による健康効果(健康は一生の財産。吹矢は止めても、腹式呼吸は死ぬまで継続しましょう)B 三番目が、スポーツとしての楽しさ(これを重視すぎると生きにくくなる)

そのため、野木スポーツ吹矢クラブでは「明るく!楽しく!元気よく!そして和(なご)やかに!」をモットーにしています。得点も他の人と競争ではなく、過去の自分を超えることに喜びを見出しましょうと言ってます。

「仲良き事は美しき哉」とは武者小路実篤の言葉ですが、何も職場や近所付き合いなどに限らず、趣味の世界でも同じことが言えるのではないでしょうか。人間関係はとかく難しいものですが、他人の悪口は言わない、自慢話はしない、見栄は張らない、他人の上に乗らない、他人のプライバシーを詮索しない、などは良い人間関係の基本です。対人関係は「思いやりとおかげ様の心」で、会話は「傾聴が7割の精神」で楽しく過ごしたいものです。


’16.4.11(月)
 9:00から、野木スポーツ吹矢クラブ第37回定期練習日
10:00から、第3回スポーツ吹矢講習会第2日目:受講生6名:::最初の座学は腹式呼吸、次にストレッチによる準備体操、そして、スポーツスポーツ吹矢実技、最後に全員で会場の清掃。

’16.4.4(月)
 9:00から、野木スポーツ吹矢クラブ第36回定期練習日
10:00から、第3回スポーツ吹矢講習会第1日目:受講生6名:最初の座学はスポーツ吹矢の基本動作やルールなど、次にストレッチによる準備体操、そして、スポーツスポーツ吹矢実技、最後に全員で会場の清掃。

’16.3.28(月)
 野木スポーツ吹矢クラブ第35回定期練習を丸林西会館大会議室で9:30−10:40。

’16.3.21(月)
 
野木スポーツ吹矢クラブ第34回定期練習を丸林西会館大会議室で9:30−10:40

’16.3.14(月)
 野木スポーツ吹矢クラブ第33回定期練習を丸林西会館大会議室で9:30−10:40

’16.3.7(月)
  野木スポーツ吹矢クラブ第32回定期練習を丸林西会館大会議室で、9:30−10:40

’16.3.1(火)
 野木町の広報に4月に開催予定の第3回スポーツ吹矢講習会受講生募集の記事掲載。

’16.2.29(月)
 野木スポーツ吹矢クラブ第31回定期練習を丸林西会館大会議室で、9:30−10:40

’16.2.22(月)
 野木スポーツ吹矢クラブ第30回定期練習を丸林西会館大会議室で、9:30−10:40

’16.2.15(月)
 野木スポーツ吹矢クラブ第29回定期練習を丸林西会館大会議室で、9:30−10:40

’16.2.8(月)
 野木スポーツ吹矢クラブ第28回定期練習を丸林西会館大会議室で9:30−10:40

 本日の座学
 骨盤底筋を鍛える



上図のように「骨盤底筋」は、骨盤のなかで内臓を支えている筋肉の総称です。この骨盤底筋は加齢などにより弱くなると、腹圧がかかった場合、尿道を締めることができなくなり、尿がもれてしまいます。そこで、骨盤底筋を強化する方法ですが、肛門と膣を締めたり、緩めたりすることを繰り返して行います。立った状態でもよいし、 椅子に座った状態でもよいし、寝ている状態でも構いません。先ず肛門を絞めますが、このとき腹筋などの他の筋肉は使わないようにします。回数について某専門家は1回あたりの絞め方は早めに絞めるやりかたで5回、ゆっくりした絞め方で10回で、これを1セットとして、一日10セット必要と言ってます。ですから一日150回程度になりかなりの負担になります。スポーツ吹き矢の場合は、複式呼吸で息を吐くとき下腹を引っ込めながらこの動作を行います。例えば、6ラウンドやった場合は、1ラウンド2回*5*6ラウンドですので60回になります。


’16.2.1(月)
  
野木スポーツ吹矢クラブ第27回定期練習を丸林西会館大会議室で9:30−10:40

 本日の座学
腹式呼吸は古代から健康によいと言われてヨーガ、氣功、座禅など世界中でいろいろな方法で活用されています。「スポーツ吹矢」もその一つですが、近年特に注目されているのがドイツの大脳生理学者ボルゲット(Vorget)が開発した自律訓練法です。今回、NET上の「自分分でできる簡単リラックス法RELAXATIONによく纏められていましたので紹介します。
私たちは毎日いろいろな形で肉体的にも精神的にもストレスを受けています。1日の生活の中にリラックスできる時間を確保し、実行していくことはとても大切です。
ここでは自宅で簡単に取り組めるリラックス法をいくつかご紹介しています。

リラックス

最初はなかなか感覚がつかめないかもしれませんが、次第に要領がつかめてくると思います。是非試してみてください。

腹式呼吸法

私たちは、ふだん胸のあたりで浅い呼吸をくり返しています。

腹式呼吸は、中国の気功師、スポーツ選手、音楽家などが行うことからもわかるように、リラックスするための基本的な方法です。

腹式呼吸はお金も道具も必要なく、仕事中でもどこでも簡単にできます。 以下のとおり、1日、1〜2回、時間のあるときにやってみましょう。  

1.座りやすいイスに腰かけ、楽な姿勢をとる。(横になってもOK)
  そしてお腹が膨れるように鼻から静かに空気を吸い込みます。同時にお腹をゆっくり膨らめていきます、
  
2.次に、肺の空気をすべて出してしまうつもりで、鼻から息を吐ききってしまいます。
  お腹も ゆっくりへこませて行き、普段の状態よりもさらにへこませて行きます。

3.そして、また1.にもどり繰り返します。通常は口は使いません。鼻だけで行います。時間的には吸気(吸う)3 呼気(吐く)8 くらいの割合でゆっくり呼吸を繰り返します。

※これを1日1〜2回、1回あたり数分程度を目安に行ってみて下さい。。

★注意

以下の方は、医師と相談のうえ実施するようにしてください。
1.妊娠している女性
2.疾患のある方(特に循環器系・呼吸器系・消化器系・泌尿器系・生殖器系)

自律訓練法

●自律訓練法はもっともよく知られるリラクセーション法の1つです。ドイツの大脳生理学者ボルゲット(Vorget)が、自己暗示により催眠と似た状態になりうることを発見しました。その後ドイツの精神医学者J・H・シュルツ教授がこの研究を発展させています。

心療内科や精神科などでも使われる一種の自己催眠法で、全身をリラックスさせ、心身の疲労回復、自律神経機能の安定、仕事や勉強の能率の向上等の効果が期待できます。
慣れてくると、誰でも・いつでも・どこででもできますので試してみてください。ストレス緩和法、あるいはリラックス健康法といわれる所以です。

【実施の手順】

ゆったり落ち着けるところで、自律訓練法をやってみましょう。

・できるだけ静かな部屋で、椅子やソファーに腰掛ける、または、両足、両腕を少し開いて仰向けに寝る等、体全体の筋肉が弛緩しやすく、自然で安定した姿勢を作ります。
・軽く目を閉じ、ゆったりとした服装で体の力を抜きます。

まず、背景公式にて気持ちを落ち着かせてから第一公式以降に入っていきます。

背景公式
ゆったりした姿勢で深呼吸をして、全身をリラックスさせます。 気持ちが落ち着いてきたら、軽く目を閉じて「気持ちが落ち着いている」と心の中で数回、唱え、十分に気持ちが落ち着いたら、第1公式に入ります。

第1公式(四肢の重感):手足が重たい
まず「右手」(利き腕から始めます)に意識を向けて、右手の重さをただ感じるようにしましょう。心のなかでは「右手が重たい」と唱えます。次に「左手が重たい」「右足が重たい」「左足が重たい」と順番に言っていきます。

手や足には本来の重さがあるため、からだの力みが無く、意識が集中できると自然と重さを感じるようになります。 最初は少し難しいかもしれません。何も感じなくても心配はいりません。回数を重ねることによって少しずつ感じられるようになってくると思います。

第2公式(四肢の温感):手足が温かい
リラックスするほど手足の温度は上がっていきます。十分にリラックスできるようになると「温かさ」が自然に伝わってくるようになります。
第1公式同様「右手が温かい」「左手が温かい」「右足が温かい」「左足が温かい」と順番に言っていきます。

第3公式(心臓調整) :心臓が静かに打っている
リラックス状態では、心臓は静かに打っています。それをそのままに感じてください。


第4公式(呼吸調整) :呼吸が楽にできる
リラックス状態では、楽に深い呼吸をしています。それをそのままに感じてください。


第5公式(腹部温感) :お腹が温かい
リラックス状態では、腹部が温まってきます。それをそのままに感じてください。

第6公式(額涼感) :額が心地よく涼しい
第5公式を通して深くリラックスしていくと、額には涼しい風を受けているような感覚になっていきます。こうした状態をそのままに感じることで、さらに深くリラックスしていきます。

以上の公式を3分〜5分程度を目安に行います。第1公式だけでも3分〜5分。第6公式まで行う場合も、 同じぐらいの時間です。 最後に必ず消去動作を行って自己催眠状態から醒めます。気分をスッキリさせましょう。

消去動作
・両手を強く握ったり、開いたりする
・両手を組んで大きく伸びをする
・首や肩をよく回す
・その他、からだをほぐして自己催眠状態からさめる。

自律訓練法は、コントロールできない自律神経系を言葉(言語公式)とイメージ(受動的集中)によってコントロールし、自律神経系のバランスを回復させるリラクセーション法です。
この「言語公式」と「受動的集中」がいちばん大切になります。

言語公式
「右手(右足)が重たい」と言葉を繰り返します。「右手(右足)が重たくなる」ではありません。いつも同じ言葉を使います。暗示効果が高まり、自己催眠に入りやすくなります。
受動的集中のとおり、語尾の違いが大切です。

受動的集中
「右手が重たい」「右手が温かい」といった感覚は、あくまで受動的に感じることが大切です。 からだに意識を集中し、ただ感じる。これが受動的集中です。
そして、感覚が得られるまでただ待つこと、イメージを受け取るようにすることが大切です。


注意

胃の悪い人は第5公式(腹部イメージ)を避ける
ほとんど副作用は考えられませんが、気になる場合は避けるようにしてください。

心臓の悪い人は第3公式(心臓イメージ)を避ける
胃の場合と同様に、ほとんど副作用はありませんが、気になる場合はこの部分を省略してください。

※こころのNAVI自分でできる簡単リラックス法RELAXATIONより抜粋
 

’16.1.25(月)
 野木スポーツ吹矢クラブ第26回定期練習を丸林西会館大会議室で9:30−10:40

’16.1.18(月)
 野木スポーツ吹矢クラブ第25回定期練習を丸林西会館大会議室で9:30から10:40
降雪と強風のなかご参加をいただきました。

’16.1.11(月)
 野木スポーツ吹矢クラブ第24回定期練習を丸林西会館大会議室で9:30−10:40まで
今回から定期練習日を毎週月曜日に変更しました。同会館掲示板のポスターも変更しました。

スポーツ吹矢

始めませんか!


野木スポーツ吹矢クラブでは、毎週月曜日10時から11時まで、丸林西会館会議室で「スポーツ吹矢」の練習をしています。スポーツ吹矢にご興味ある方は、09086893129(鶴見)までお電話ください。


’16.1.8(金)
 今年初めての野木スポーツ吹矢クラブ定期練習(23回目)丸林西会館大会議室で9:30−10:40
今日から日本スポーツ吹矢協会の年会費積立金を始めました。
次回から練習日を金曜日から月曜日に変更します。


 



’16.1.1(金)
 
明けましておめでとうございます
今年も「明るく、楽しく、元気よく」一年を過ごしましょう。
(今年もにわぜんきゅうさんの絵を使わせていただきます)
(OSをWindows7からWindows10に変更したことによるパソコンの不具合からHPの更新が遅れてしまいご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした)

謹賀新年! 今年も 明るく! 楽しく! 元気よく!

’15.12.25(金)
 9:30−10:40、丸林西会館大会議室で野木スポーツ吹矢クラブ定期練習(22回目)

’15.12.21(月)
 役場生涯学習課へスポーツ吹矢第2回講習会の報告書を提出し、スポーツ吹矢第3回講習会の申請書を提出(今回は丸林西会館で4月の月曜日10:00−11:30、計4回の初心者コース)

’15.12.18(金)
9:30−10:40、丸林西会館大会議室で野木スポーツ吹矢クラブ定期練習(21回目)

’15.12.11(金)
9:30−10:40、丸林西会館大会議室で野木スポーツ吹矢クラブ定期練習(20回目)

 本日の座学
 

残心とは

残心(ざんしん)とは日本の武道および芸道において用いられる言葉。残身残芯と書くこともある。文字通り解釈すると、心が途切れないという意味。意識すること、とくに技を終えた後、力を緩めたりくつろいでいながらも注意を払っている状態を示す。また技と同時に終わって忘れてしまうのではなく、余韻を残すといった日本の美学や禅と関連する概念でもある。

概念

だらしなくない事や気を抜かない事や卑怯でない事であり、裏を返せば「美しい所作」の継続ともいえる。

相手のある場合において卑怯でない、驕らない、高ぶらない事や試合う(しあう)相手がある事に感謝する。どんな相手でも相手があって初めて技術の向上が出来ることや相手から自身が学べたり初心に帰る事など、相互扶助であるという認識を常に忘れない心の緊張でもある。相手を尊重する思いやる事でもある。

生活の中では、襖や障子を閉め忘れたり乱暴に扱ったり、また技術職の徒弟で後片付けなどを怠ると「残心がない」や「残心が出来ていない」といって躾けとして用いられる言葉でもある。仕舞いを「きちっと」する事でもある。ちなみに「躾け」とは「美しい」所作が「身」につく事を表した和製漢字である。

武道における残心

武道における残心とは、技を決めた後も心身ともに油断をしないことである。たとえ相手が完全に戦闘力を失ったかのように見えてもそれは擬態である可能性もあり、油断した隙を突いて反撃が来ることが有り得る。それを防ぎ、完全なる勝利へと導くのが残心である。

この精神を詠った道歌に以下のようなものがある。

折りえても 心ゆるすな 山桜 さそう嵐の 吹きもこそすれ

(桜を手に入れたと油断するな。嵐が吹いてしまったらどうするのだ)

武道の中には、空手・弓道・居合道など、技を行った後に特定の形(型 かた。体の構え)で身構える、相手との間合いを考慮して反撃方法を選ぶ、一拍おいて刀をおさめるといった一挙動を「残心」と呼ぶ。相手の反撃に瞬時に対応する準備と、更なる攻撃を加える準備を伴った、身構えと気構えである。これは、残心をより高いレベルに昇華し、一つの技を行う前・行っている最中・終えた後も引き続き一貫して維持される精神状態を体現したものである。芸道の残心と同じく、技を終えた瞬間に動作が終わるのではなく持続性(芸道でいうところの余韻)を持たせる。

たとえば弓道における残心は、矢を射った後も心身ともに姿勢を保ち、目は矢が当たった場所を見据えることである。剣道では、意識した状態を持続しながら、相手の攻撃や反撃を瞬時に返すことができるよう身構えていることを残心と呼び、残心がなければ技が正確に決まっても有効打突にならない。なぎなたの残心のルールは剣道とは異なるが、剣道同様、正確な攻撃であっても残心がないと無効とされる。剣道の試合において一本取った事を喜ぶ様(ガッツポーズなど)が見受けられれば、奢り高ぶっていて残心が無いとみなされ、一本を取り消される事がある。

空手における残心とは完全に意識している状態で、自分の周囲と敵を把握し、反撃の準備もできていることである。柔術における残心は、拳は繰り出すスピードより早く引き戻す、相手を投げた後もバランスを崩さないなど次の攻撃の準備ができていることを意味する。合気道おいても、自分が投げたばかりの受け(相手)を意識しながら、万一再攻撃があった場合に備えて体を構えることを残心という。

武術における残心は、あくまで身構えに対する心構えの一つであり、流派によっては、前心通心残心を説いている。現代では武器武道において残心がよく説かれるが、本来、心構えは残心だけではないことに注意がいる。

芸道における残心

茶道における残心とは、千利休の道歌に表れている。

何にても 置き付けかへる 手離れは 恋しき人に わかるると知れ

(茶道具から手を離す時は、恋しい人と別れる時のような余韻を持たせよ)

また井伊直弼は茶湯一会集において、客が退出した途端に大声で話し始めたり、扉をばたばたと閉めたり、急いで中に戻ってさっさと片付け始めたりすべきではないと諭している。主客は帰っていく客が見えなくなるまで、その客が見えない場合でも、ずっと見送る。その後、主客は一人静かに茶室に戻って茶をたて、今日と同じ出会いは二度と起こらない(一期一会)ことを噛みしめる。この作法が主客の名残惜しさの表現、余情残心であると述べている。

日本舞踊における残心とは、主に踊りの区切りの終わりに用いられ、表現として「仕舞いが出来ていない」ともいわれる。弓道と同じように最後まで気を抜かず、手先足先まで神経を行渡らせ区切りの「お仕舞い」まで踊る事を指す。出典: Wikipedia

’15.11:27(金)
 9:30−10:45、野木スポーツ吹矢クラブ練習(第18回))とスポーツ吹矢第2回講習会(第5日目)の合同練習。
11:30−1:00、野木スポーツ吹矢クラブ会員とスポーツ吹矢第2回講習会受講生有志による交流会・懇親会・親睦会・忘年会!を菊寿しで盛大に!?

’15.11:20(金)
  9:30−10:45、野木スポーツ吹矢クラブ17回目定例練習会と、スポーツ吹矢第2回講習会4日目レッスンを同時開催。参加10名、

本日の座学テーマ 


「キレる老人」にならないために

 最近「キレる老人」と言われるニュースを良く見かけるようになりました。例えば、近所と些細なことでトラブルを引き起こす、突然暴力をふるう、万引きをする、高速道路を逆走する、等々です。

これらの原因は、『認知症』によるものと言われます。

認知症は、一般的には脳の委縮により記憶障害がでるアルツハイマー型が有名です。例えば、「名前が出てこない」、「朝ご飯に何を食べたかわからない」などの症状がでます。

しかし、アルツハイマー型とは別に、脳の前頭葉の委縮によって引き起こされる認知症での症状が、前述のキレる老人のような行動になるといわれています。これは、前頭葉が社会性や理性を担当する部位であるため、前頭葉の働きが悪いと反社会的な性格になりやすくトラブルが多く、本人も周囲との付き合いに悩むことになるということです。

では、このような認知症はどのような生活習慣で発症のするのでしょうか?

偏った食生活、運動不足、飲酒、喫煙などが原因とされています。

次に、どんな人が認知症になりやすいのでしょうか?

認知症になりやすい人は、「几帳面な人」、「自己中心的な人」、「わがままな人」、「非社交的な人」などの性格の人は発症リスクが高いというデータがあります。また、「日常生活で強いストレスを感じている人」もなりやすいといわれています。反対に、「外交的な人」、「活発な人」、「楽天的な人」などの人は認知症の発症率が低いという研究結果が出ています。
 

 では、認知症にならないためには、どうしたら良いのでしょうか?

第一に、「人間関係」です。特に定年退職後のサラリーマンは要注意です。定年によりそれまでの人間関係が消滅し、孤立しがちになります。積極的に地域の行事やサークル活動に参加して、新しい人間関係を積極的に作ることが必要です。この時、過去の自分の経歴に拘ったりせず、素直な心で対等な人間関係を心掛けなければ失敗します。怨憎会苦。

第二に、人生に楽しみを持つ。ほとんどの日本のサラリーマンは無趣味と言われています。常日頃から、生涯楽しめる趣味を持つように心がけましょう。

最後に、アメリカの研究機関が行った興味深い調査結果を紹介します。

テーマは「100歳の人たちの長寿の秘訣」についての調査です。その結果、次の2つの共通項目が判明しました。

第一は、積極的に外出し、会食をする。(積極的に外出して、友人などと会話などをしながら楽しく食事をする・・・)

第二は、「家事をやる(料理・掃除・庭の草取り・・・軽い運動で体を動かす)」です。

 

’15.11.13(金)
野木スポーツ吹矢クラブ練習日、16回目。9:30〜10:30。指導員不在のため自習?
スポーツ吹矢第2回講習会は指導員の都合で12月4日へ振り替え。

’15.11.6(金)
 野木スポーツ吹矢クラブ練習日、15回目。、9:00〜10:00
スポーツ吹矢第2回講習会開催。3日目。10:15−11:15

’15.10.30(金)
野木スポーツ吹矢クラブ練習日、14回目。9:00〜10:00
スポーツ吹矢第2回講習会開催。2日目。10:00−11:00


’15.10.23(金)
野木スポーツ吹矢クラブ練習日、13回目。9:00〜10:00
スポーツ吹矢第2回講習会開催。10:00−11:00

的台5基を手作りし本日から使用する。
野木スポーツ吹矢教室のポスターを作り丸林西会館玄関掲示板に掲示。

スポーツ吹矢

始めませんか!


野木スポーツ吹矢クラブでは、毎週金曜日10時から11時まで、丸林西会館会議室で「スポーツ吹矢」の練習をしています。スポーツ吹矢にご興味ある方は、09086893129(鶴見)までお電話ください。

’15.10:16(金)
野木スポーツ吹矢クラブ練習日13回目
手製の的台5台を初使用。



’15.10:9(金)
野木スポーツ吹矢クラブ練習日12回目

’15.10:1(木)
野木町広報野木にスポーツ吹矢第2回講習会受講生募集の記事を掲載。



’15.9.25(金)
野木スポーツ吹矢クラブ練習日10回目

’15.9.18(金)
野木スポーツ吹矢クラブ練習日、9回目。


’15.9.11(金)
野木スポーツ吹矢クラブ練習日、8回目。

’15.9.4(金)
野木スポーツ吹矢クラブ練習日、7回目。





’15.8.28(金)
野木スポーツ吹矢クラブ練習日6回目

’15.8.21(金)
野木スポーツ吹矢クラブ練習日、5回目


’15.8.14(金)
野木スポーツ吹矢クラブ練習日、4回目。

’15.8.7(金)

野木スポーツ吹矢クラブ練習日、3回目。



’15.8.7(金)
野木スポーツ吹矢クラブ練習日、2回目。本日美女3人が入会。賑やか?いや華やかになった!


’15.7.31(金)
スポーツ吹矢第1回講習会受講生の内、4名が練習を継続したいとの希望なので、野木スポーツ吹矢クラブ(仮称)を立ち上げ、練習を開始


’15.7.25(土)

 「スポーツ吹矢第1回講習会無事終了。野木町と日本スポーツ吹矢協会へ報告しました。
 

初めてのスポーツ吹矢講習会を終えて

 

74()から、毎土曜日4日間の予定で、「スポーツ吹矢第1回講習会」を行いました。野木町で初めての講習会だったため、町の広報に受講生募集の記事を載せました。小さな町で、しかもスポーツ吹矢はまだあまり知られておらず、応募者がいるかどうか危惧していました。しかし、意に反してたくさんの方から応募をいただき、即日、定員8名をオーバーしてしまいました。そのため急遽定員を10名に増やし対応しました。また、参加者を前半、後半に分けレッスンをすることにしました。

レッスンは1回あたり1時間30分ですが、吹矢体操などの準備運動に始まり、次に、実技を3ラウンド(1ラウンドは6mの距離から5回吹きます)以上を吹き、最後に腹式呼吸を中心とした座学と大変忙しいスケジュールでした。皆さん大変熱心に取り組まれて、3日目には35点満点を出す人も現れ、最終日には半数の受講生が25点の合格ラインを突破しました。

講習会終了後も過半の方が継続していきたいということでした。当初、4日間限りのスポーツ吹矢の広報活動の一環のつもりが、熱心な受講生に後押しされて、今後も継続して活動していくことになりました。また、次の準備ができたら、近々「スポーツ吹矢第2回講習会」を開催し、スポーツ吹矢の裾野の拡大に努めたいと思っています。

最後に、今回の講習会の開催に会当っては、野木町、日本スポーツ吹矢協会、丸林西区などの関係各位には大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

         
          レッスン風景        レッスン風景

                              
2017.7.25 公認指導員

 

’15.7.25(土)
スポーツ吹矢第1回講習会の4回目、最終回です。

本日の座学  
 クリックすると新しいウィンドウで開きます クリックすると新しいウィンドウで開きます  クリックすると新しいウィンドウで開きます 
     
     
  


’15.7.18(土)
スポーツ吹矢第1回講習会の3回目です。

 本日の座学


腹式呼吸とは


人間の心身は「自律神経」によってコントロールされています。

自律神経は、心身の活動を活発にする「交感神経」と、心身の活動を制御する「副交感神経」によって成り立っています。これを車の運転に例えると、スピードを加速させる「アクセル」と、スピードを減速させる「ブレーキ」の役割に似ています。

 人間の心身の健康はこの「交感神経」と「副交感神経」のバランスの上に成り立っています。

 ところが現代社会は「ストレス社会」と言われているように、たいへんストレスが多い社会です。ストレスを受けると人間の心身は緊張し、血管は収縮し、血行は悪くなり、心身の病気へと繋がってしまいます。この状態は交感神経が活発に活動している状態です。車の運転の例で言えばアクセルを踏みっぱなしの状態です。これでは車はいつかエンジンが過熱して故障してしまうでしょう。

 この悪い状態を改善してくれるのが腹式呼吸です。人間は太古の昔から腹式呼吸の効果について認識していたようです。例えば、インドのヨーガや仏教の瞑想、中国での気功や太極拳、日本の武道や禅宗の座禅などです。現代でもドイツのメンタル・ヘルスや、最近、マスコミで取り上げられている美木良助のロングブレス・ダイエット法などたくさんあります。スポーツ吹矢も腹式呼吸によるものです。

 呼吸は大きく分けて「胸式呼吸」と「腹式呼吸」に分けられます。胸式呼吸は我々がいつも行っている呼吸方法で主に肺の周辺の筋肉で行う呼吸方法です。これに対して腹式呼吸はお腹の筋肉を中心とした深い呼吸です。腹式呼吸の方法は、鼻から3〜5秒程度で息を吸って、口から620秒程度というゆったりと息を吐く方法です。このゆったりとした吐く息が心身のリラックス効果をもたらし、副交感神経を活発化させ、自律神経のバランスをとってくれるために、健康増進・病気の予防などに効果的であるということで、腹式呼吸は健康に良いと言われる所以です。車の運転でいえば、スピードが出過ぎたときはブレーキを踏むことにより安全運転ができ、車も長持ちすることになります。

 腹式呼吸の一つに丹田呼吸法というのがあります。丹田とはへそ下310cmの所にある「気が集中して赤くなっているところ」という意味で、この丹田を意識して腹式呼吸をする呼吸法を丹田呼吸法と言います。

丹田呼吸法を今少し、具体的に述べますと、先ず、息を吸うときは3秒前後で鼻から吸います。この時「丹田へ息を送り込む」意識で行います。すると胸とお腹の間にある横隔膜がお腹の方に下がります。次に息を吐くときは、口をうっすらと開け、10秒前後かけ吐きます。すると、下に下がった横隔膜はゆっくり上に上がりもとに戻ります。この時、精神状態は無心にします。同時に下腹を引っ込めるようにし、肛門を締めるように意識します。この時、骨盤低筋が活動します。

このように、腹式呼吸は横隔膜や骨盤底筋などのインナーマッスルと呼ばれている筋肉の強化にも効果があるといわれています。

                        2015.7.11 tsurumi

 

’15.7.11(土)
スポーツ吹矢第1回講習会の2回目です。


’15.7.4(土)
 スポーツ吹矢第1回講習会を開講しました。
会場は丸林西会館大会議室、時間は10:00−11:30、受講生は定員8名のところ、男性6人、女性4人、計10名。費用は用具代などとして200円/回。


’15.6.1(月)
野木町「広報のぎ」6月号にスポーツ吹矢第1回講習会受講生募集の記事を掲載。

 
スポーツ吹矢第1回講習会受講生募集
 スポーツ吹矢は腹式呼吸によるため健康に良いということと、スポーツとしての楽しさで、今、話題のニュースポーツです。今回第1回の講習会を行います。小学生から高齢者までどなたでも参加できます。

日次:7月4日(土)〜毎週土曜日 計4回、10時〜11時30分
場所:丸林西会館
定員:8名
講師:一般社団法人日本スポーツ吹矢協会公認」指導員
費用:200円/回・消耗品他。筒、矢、的台など主な道具は主催者側で用意いたします。
問い合せ先:090−8689−3129(鶴見)
申込:問い合わせ先まで





home